スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセージを頂きました 第五弾(皆様の声)

メーデーまであと日。
本日は皆様の声を掲載します。
声をお寄せくださった皆様、有難うございました。



第1回目から参加してますが、一昨年・去年・今年と私がしていた仕事は全て違います。

人間関係のつまづきや仕事の覚えの悪さで辞めざるをえなかったのです。
今は仕事を辞めたいとは思いませんが、やはり給料は低いので買いたくても我慢しているものも多いです。一人暮らしも出来ませんし・・・
私の周りも非正規雇用の人がほとんど。だから私自身、そして友人たちの事を思い、今年もメーデーに参加します。
大好きな音楽とともにみんなで歩けば、一人じゃないって思える。だからずっと参加してるのかも・・・
今日が春の日差しのように孤独を溶かす日になるといいな。
(Mik@ 23歳 工場の契約社員)


去年のメーデーのパンフレットを見返して、よくもこれだけ違う立場の人々で一つのイベントが開けたと、思わず笑ってしまった。
意見の違いを乗り越える…私たちは乗り越えられたのだろうか?
結局メーデーは、分裂もせず一つにまとまった。双方不満はあってもそれなりに楽しんだと、思う。成すべき事は成したのだろう。
そしてある人たちは離れ、新しい人たちが加わった。

意見の違いを乗り越えたい、と今も思う。「運動」の歴史に山積する不毛な「分裂」などもう沢山だ。でも話し合いくらいで意見の違いはなくならない。なくならない物をどうやって乗り越えるのか…
犠牲も払って、私たちは多くを学んだと思う。そして、試行錯誤はまだ続く…
(40代 生涯一プレカリアートかな?w)


私は子供の頃、勉強も運動もゲームもダメだったので、自分は何のためにいるんだろう…と思っていました…。
社会人になってからは職を転々とし、仕事を辞めるたびにまたもや自分は何のためにいるんだろう…と思っていました…。
自分にできる事が何か、自分がいても良い場所はどこなのか、悩み続けて生きてきました、笑
私が望む社会のあり方は戦争のない世界、そして誰もが自分らしく生きられる、心から幸せを感じられる社会です。強く願えば、仲間と力を合わせれば、生きづらい今の社会を少しずつでも変えていけるはずだと、私は信じています。
(29歳1年更新のアルバイト)


僕の老後は年金暮らし?
でも現実は幸運期(耕運機)迎えて田舎で自給自足っぽい?
優雅な80代のために貯金貯めな~。汗
(25歳 介護職員)


働きたい。けど働くことが出来ない。
「若いから仕事はたくさんあるのに」「若いからやる気があればどこにでも就職できる」
とか簡単に言うけれど、受けた会社全部が「若いんだから他がある」と言えば、最後は全部落ちた「結果」しか残らない。
やる気が無いと簡単に吐ける人間は、本当に「今の」若い人をみてなんかいない。
(23歳 求職中NANASIA)


日本に来て四つ目の会社で働きはじめたところです。契約やアルバイトを経験し、そして今は正社員です。でもどこで働いても人間関係でつらい思いをすることが多いです。理解できないのは何故、人を苦しめる教え方しかしないのかということです。先輩たちも同じ経験をしたからでしょうか?何故違う関わり方を考えないのでしょうか?変えることは考えられないのかな???社内いじめ、仲間外れ...いつも私が経験してきたことです。私はそれを変えていきたいです。
(26歳 会社員Mary)


こんにちは。「おこめ」と「おまめ」と「やさい」をつくろう、じぶんで♪ そ
して「さかなつり!!」

「だいくさん」と、「はたおり」も。
そしたらさ、おかね、あんまりなくても、だいじょうぶだ。
たのしくいきるぜ♪
(櫻井BLUES農場  ぶるっちゃん 拝)


毎日仕事をしています。当然、週2回程度の休みが安定してあります。
自分の努力で成果を出せば上司は優しく接してくれるし、お給料も上がるので正直うれしい限りです。

とても良い人だった上司が、景気の悪化で事業縮小、彼は人事を担当している人で、こう言いました「派遣は調整弁だから切るしかないなw」

数ヶ月の長期出張、契約社員数人の指導役を任されて、日々試行錯誤の毎日、比較的充実した日々でした。
終了3週間前、出張先の課長さんは私が契約社員とは知らずに「ここもすぐに閉鎖でしょ?だから契約社員しか置いていなんでしょ?」

私は半年契約の契約社員です。
会社の中で弱者が棄てられていく状況に、公然と対立することは私には出来ません。
大きな声を出して闘えない人間でも抗う気持ちが無い訳ではありません。

このメーデーで少しでもそういう気持ちが伝われば幸いです。
(コールセンター勤務 George)


私、保育士むいてない・・・転職したいな、でもどんな仕事が私にむいてるだろう?ハローワークにいこうかな・・・そんなことを思っていた一年前、JOC(働く人の家)に出会った。そこには真剣に今の仕事や生活を話し合える場所があった。色んな人の仕事や生活の話を聞く中で影響を受けたり、仲間のアドバイスを聞いてそれを実際に試してみたり・・・わたしたちはここにいる!メーデーでも色んな人に出会いたい。そして今私たちが置かれている状況を考えてみたい!
(25歳バンビ 保育士)


人口が1億2千万人もいれば自分と違う境遇や考え方の人間がいるのは当然のはずなのに、人はしばしば境遇や考え方の違う人を理解することは困難であるらしく、時には軽蔑したり差別したり、あるいは「存在自体が見えなかったり」することがある。日本国内で、生きている世界がぱっくりと分断されているようにすら思えるときがある。

新卒で入社した会社で言われた言葉に「常に『なぜ?どうして?』と考える癖をつけるといい」というのがあったが今になって重みのある言葉だと認識する。(使い方が合っているかどうかはアレだがw)人の考え方を無条件でシャットアウトするのではなく、「なんで?どうして?この人はこのような考え方をするのだろうか?」と考えることが少しでも自分とは違う人のことを理解するヒントになり繋がるきっかけになるのではないのだろうか。
(マイペース猫@まったり生きさせろ)


パワハラモラルハラスメントを規制する法律を欧州並に。
(介護労働者)


10年前に、会社都合で離職した後、転職を繰返しました。
こんなはずでなかったと思ったこともありますが、失ったものはお金だけ(これが厳しい!)得た物が多いと励ましてきました。
それは色々な方と出会えたことです。
そして今、新たな出会いを求めてここにいます。
一人の声は小さく力は弱いけれど、皆が集まれば、風向きを変えることも出来ると信じています。
どんなに微かな希望でも諦めたくないのです。
(すべての雇用形態経験済みの新参者)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

問合せ先

自由と生存の連帯メーデーin札幌2010実行委員会


自由と生存の連帯メーデーin札幌2010実行委員会
〒003-0021
札幌市白石区栄通2丁目11-13
TEL/FAX: 011-859-2567
Email:maydaysapporo2010@gmail.com

来客者数
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。